2012年1月28日土曜日

データが消えた?偽セキュリティソフトの復旧事例


現象:偽セキュリティソフトに感染し、データが消えた
OS:Windows XP
メーカー:Toshiba
原因:ウイルス
フラグ:ウイルス駆除成功



・状況について

お客様談:インターネット閲覧中に急にウイルスに感染。デスクトップやマイドキュメントのデータが消えてしまった。


・補足について

データが削除されてしまったように感じるかもしれませんが、実は隠されているだけです。ウイルスのプログラムを取り除けば再び表示されます。

なお、セーフモードで起動し、スタートボタンを右クリックします。「エクスプローラー」をクリックします。

Cドライブの上で右クリックし、「プロパティ」をクリックします。使用領域がゼロではなく、データが削除されていないことが(存在すること)がわかります。

また感染時に外付けハードディスクを接続している場合はこちらも隠されてしまいますが、同じように「エクスプローラー」から外付けハードディスクの「プロパティ」を見ることでデータが残っていることがわかります。

お問い合わせが多く重要なことのため繰り返しますが、ウイルスを駆除すればデータは今まで通り表示され使えます。決して削除されていませんのでサルベージ(データ復旧)は不要です。

・注意点について

このウイルスは最終的にクレジット登録させることを目的とした詐欺ウイルスです。概要については、偽セキュリティソフトとワンクリウェアのウイルス駆除方法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

作業期間:1日間。ウイルス駆除。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!
備考:他社さんであればデータ復旧作業になりますので5万円以上になります。


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧