2012年1月7日土曜日

「NTLDR is missing」の原因がなんとFAT12

現象:NTLDR is missing
OS:Windows XP Pro
メーカー:DELL
原因:論理障害
フラグ:データ復旧成功


・状況について
お客様の話ですと、前日までは普通に使えており、いつものとおり電源を入れると「NTLDR is missing」が発生。会社の情報システム部に相談したところ、Cドライブが空になっていることを確認。対処としてデータ復旧ソフトを試すも1個もデータが復旧できず。

・原因について
「NTLDR is missing」を調査したところ、Cドライブが FAT16 になっていました。さらにトラブル前までは NTFS のPCでしたので、データはすべて消えCドライブは空になっていました。

このトラブルの概要については NTLDR is missing をクリックして読んでください。当社ホームページのコラムで解説しています。

なお、コラムで解説している「ハードディスクの持つ情報が壊れている」が該当します。ただし、FAT16 でCドライブが空になっている場合は、コラムの対処方法では直せません。注意点も異なるため、引き続きこのブログをお読みください。

C:がFAT16
ちなみにですが、先頭の?FAT16 というのはDELL PC の診断プログラムが入っているパーテーションです。このトラブルとは関係がありません。

・対処方法と注意点
Windows XP ですので、正常であれば D:NTFS と同じように、C:も NTFS となります。
これは非常に重要なことであり、この話のキモです。

お客様の話で「データ復旧ソフトを試すも1個もデータが復旧できず」とありましたが、これは FAT16 になっているからなのです。

我々人間から見ればCドライブが FAT16 であれば異常とすぐ判断できます。しかし、ソフトウェアではその判断ができません。 FAT16 で確定されていればデータ復旧ソフトは疑うことなく FAT16の仕様に合わせてデータを探します。もちろん、NTFS と FAT16 では仕組みが違うためデータが見つかることはありません。

詳しくは、データ復旧ソフトで失敗する原因と注意点(論理障害) 当社HPのコラムを読んでください。

ここでの注意点としては、コラムで紹介している通り NTFS でフォーマットしないということです。FAT16 に気付き、もし NTFS でフォーマットしてしまった場合は、当社でも復旧できない可能性が残ります。

回復コンソールで「map」コマンドを実施し、もし NTFS 以外のフォーマットが表示されるようでしたらご相談ください。データの復旧は可能です。
作業期間:2日間。データ復旧及び修理。
備考:他社さんに相談し、電話で5万円と聞いていたものの初期診断で30万円と聞き、当社へお持ち込み。


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧