2012年1月14日土曜日

「Windowsエラー回復処理 セーフモードで起動しない」の復旧事例

現象:リカバリ領域から起動するがすぐに停止する(最初は Windows エラー回復処理でセーフモードを選択しても起動しない)
OS:Windows7
メーカー:富士通
原因:ハードディスク障害(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:PC使用中に突然フリーズ。再起動すると Windows エラー回復処理が表示され、セーフモードを選択しても起動に失敗。メーカーサポートに問い合わせ、指示されたとおりに進めるがパソコンが停止してしまう。ハードディスク故障の疑いがあると聞く。

なお、お持込み頂いたときにはリカバリ領域から起動後すぐに停止する状態でした。もともとセクタ不良の関係でCドライブにアクセスできない状況でしたのでメーカーサポートとのやりとりでリカバリ領域から起動するようになったものと思われます。悪化ではありません。


・原因と注意点

Windows エラー回復処理が表示される主な原因は Windows やドライバといったプログラムの障害です。ハードディスクに故障がなければスタートアップ修復から直せる場合もあります。

しかし、ハードディスクにセクタ不良という故障があり、プログラムが上手く読み込めずこのエラーが発生していました。

ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

注意点としましては、このような機械的な故障もあるため、やはりあれこれと試さないことが大切です。悪化させてしまうとデータを壊してしまうかもしれないからです。

メーカーサポート問い合わせ後に症状が変わってしまったので客観的にその操作が悪いように感じてしまうかもしれませんが、実際は悪化ではありません。もし素人ながらにあれこれと試したのであれば、むしろどんどん悪化させてしまったのかもしれません。

自分で直せるトラブルだったらトライしてみたいとお考えの場合はまず無理をせず、メーカーサポートに相談し状況を確認されるのも悪化させない方法ではないでしょうか。もちろん、簡単な障害であれば直し方を教えてくます。

作業期間:2日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!