2012年2月12日日曜日

ハードディスク故障で「A disk read error occurred」Windows7 の復旧事例



現象:「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」と表示されていた後ハードディスクを認識しなくなった
OS:Windows7
メーカー:東芝
原因:ハードディスク故障(基盤障害)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:パソコン起動時に「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」と表示されるようになった。スタートアップ修復などを試そうと「F8」キーを押したが効かず。パソコンに詳しい知人に相談すると Windows7 の DVD から試せるということで OEM の DVD を購入し修復を依頼する。そして修復中にハードディスクを認識しなくなってしまった。
HDD/SSD が not installed になり認識していない


・原因と注意点について

ハードディスクの先頭に多くのセクタ不良がありました。その不良部分にファイルシステムが存在していたため読み込むことができなかったことがわかります。つまりセクタ不良でファイルシステムが壊れ「 A disk read error occurred 」で停止していました。

ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

なお、最終的にはハードディスクを認識できなくなってしまいましたが、これはセクタ不良がある中で修復作業を行ったためです。つまり悪化したということです。

Windows7 は発売されてからまだ2年程度しか経っておりません。ハードディスク故障かな?と疑うのは心情的にも難しいところがあるかもしれませんが故障が原因ということもありますのでまずは注意してください。

できればディスク検査を行い、また修復を試す場合は何回も試さず1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の概要については、Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

正常なハードディスクに環境移行を行い作業を進めると、データが保存されている部分はきれいに残っていました。
作業期間:2日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧