2012年2月16日木曜日

「 Error loading operating system 」でパソコンが起動しないの復旧事例


現象:「 Error loading operating system 」でパソコンが起動しない
OS:Windows XP
メーカー:Acer
原因:ハードディスク故障(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:家族のパソコンが「 Error loading operating system 」で起動しなくなった。購入から10年が経つのでハードディスク故障を疑っていたところ、回復コンソールの途中で固まったので確信する。写真データはプリント済みのため買い替えを検討していたが、ネット関係で解約しようと思ってもパスワードが不明だと煩雑であったり、保存してあったメールがなくなるのもよくよく考えると困る。購入した電器店にみてもらったところデータ復旧は不可だった。


・原因と注意点について

ハードディスクの先頭のほうにセクタ不良があり「 Error loading operating system 」でパソコンが起動しない状態でした。ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

なお、「 Error loading operating system 」の原因は Windows やドライバといったプログラムの障害ではなく、ハードディスクの設定値が消失しています。セクタ不良の発生している箇所にこの情報が存在し潰れていました。このトラブルの概要については、「 Error loading operating system 」でパソコンが起動しないときの対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

ちなみにですが、Windows XP であれば回復コンソールから「 fixbr 」コマンドと「 fixboot 」コマンドを試します。

注意点としましては、今回のようにハードディスク故障が原因の可能性もありますので修復作業を行う場合は注意深く行ってください。1回失敗したものが 2回目で成功するということは理論的にありません。通電時間が長ければ長いほど、悪化させてしまう恐れがありますのでここは注意してください。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

作業期間:2日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧