2012年2月7日火曜日

「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。」の復旧事例


現象:パソコン起動時に「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。」と表示される
OS:Windows XP
メーカー:DELL
原因:ハードディスク故障(ヘッド障害)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:パソコン起動時に「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。最近のハードウェアまたはソフトウェアの更新が原因の可能性があります」と表示された。前日まで普通に使えており原因不明であることから「前回の試みが電源障害、あるいは電源ボタンやリセットボタンを押して中断された場合、または原因不明の場合は、通常起動を選択してください。」と書いてあるとおり通常起動を選択してみるが失敗。「セーフモード」など、どれを選択しても起動せず。


・原因と注意点について

ハードディスクの情報を読み書きするヘッドという部品が弱っており、読み書き不能状態の一歩手前の状態でした。ちなみに作業完了時には完全に読み書き不能になり、大きな異音が出る悪化した状態になっていました。

なお「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。」が表示されるということは、ある程度までハードディスクの情報が読み込めています。そして通常起動で直るケースがほとんどであり、重症であってもセクタ不良といった部分的なハードディスク障害だったりします。

ある程度までハードディスクの情報を読み込むため、なかなか重症な感じがしないトラブルではありますが、今回のように読み書き不能の一歩手前ということもありますので注意してください。もしセーフモードでの起動を試す場合は1回だけ試し(何回試しても結果は同じであるため)さらなる悪化を予防してください。

ちなみにですが基本的に「セーフモードで起動しない」原因は、Windows やドライバといったプログラムの障害です。このトラブルの概要については、セーフモードでパソコンが起動しないときの対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

正常なハードディスクに環境移行を行い作業を進めると、ほとんどのデータが再構築できました。
作業期間:1日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧