2012年4月17日火曜日

USBメモリ「アクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため…」の復旧事例



現象:USBメモリを開こうとすると「アクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」が表示され開けない。
OS:なし
メーカー:BUFFALO
原因:故障
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:昨日まで普通に使えていたUSBメモリを開こうとすると「アクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」が表示され開けない。他のPCに接続しても同様。購入して日が浅いのでバックアップをまだ取っていなかったが資料がたくさん入っている。


・補足

「アクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」は、Windows やドライバといったプログラムの障害ではありません。USBメモリのボリュームの設定値に不整合が起きていたり、消失した場合に発生します。

ちなみにですが、USBメモリ側のトラブルですので、Windows7 や Vista 、XP のどのパソコンに接続しても同じエラーが表示されます。

このトラブルの概要については、「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」エラーの原因と対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。


・原因と注意点について

上記の通り「アクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」はボリュームの設定値に不整合が起きていたり、消失した場合に発生しますが、今回は USBメモリが故障していたため設定値に不具合が発生していました。

ちなみにこのエラーが発生しても USBメモリ自体に故障がなければ、フォーマットすることで再び使用可能です(データは消えます)。今回のように故障している場合はフォーマットも失敗するため新しいものを購入してください。

なお、このトラブルが発生したときは、パソコンから「 chkdsk ドライブ名: /f 」で修復を試します。今回のように故障している場合は直りませんが、不整合が起きているだけであれば直りますので試してください。

そして万が一、直らない場合は USBメモリの故障と考えて間違いないでしょう。通電時間が長ければ長いほど、悪化させてしまう恐れがあります。ここは注意してください。作業については何回も試さず1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

作業期間:1日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧