2012年5月16日水曜日

XFS フォーマットで消えたデータの復旧事例 LS-XH1.0TL


現象:LinkStation の赤ランプ点滅でアクセスできない
OS:Linux
メーカー:BUFFALO社 LS-XH1.0TL
原因:データの消失(XFS フォーマット)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:出社後、いつものように仕事をはじめたら LAN 上にある LinkStation(LS-XH1.0TL)を認識しない。表示すらされない。ブラウザに IP アドレスを入力し、管理画面を表示しようと試すが、ログイン画面も表示されない。LinkStation を見ると赤ランプが点滅している。BUFFALO社へ問い合わせたところファームのトラブルだと聞く。LAN 上にいないためファームのアップも試せず。ネットで検索し、分解後のハードディスクを LINUX サーバーのセカンダリに接続するも shere フォルダのみ表示されデータが一切消えていた。いろいろと修復を試すも状況は改善せず。


・補足

LinkStation のトラブルの概要と注意点については、LinkStation のフォルダが開けない、消えた?! その原因と注意点 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

ちなみにですが、USB で接続する外付ハードディスクと違い LinkStation のような LAN で接続するハードディスクには OS が搭載されています。USB 機器はパソコンに接続しパソコン側でコントロールするため単に入れ物ですが、LAN で接続するハードディスクは LAN 上のパソコンからのリクエストを待ったり応答するなど、機器自体が自立して処理しなければ機能しません。そのためには OS とアプリケーションが必要であり、つまり小さなサーバーマシンです。そして USB or LAN という接続の方式が違うだけというわけではありません。根本の仕組みから違います。


・原因と注意点について

ハードディスクに問題はなく、さらに XFS フォーマットに障害もありませんでした。何かしらの影響が起因して、データが消えていました。

LinkStation はあくまでも小さなサーバーですので原因や対処法もさまざまです。例えば LAN 上に LinkStation が表示される場合は、ファームのアップで shere フォルダ以下のデータにアクセスできることもあります(ファームの障害が原因)。また xfs_repair コマンドで修復できる場合もあります(XFS フォーマットの障害)。

しかし、今回のようにデータの消失が起きている場合に、原因を把握せずにあれこれ試すと悪化させてしまう恐れもあります。ここは注意してください。ちなみにですが、自己解決したいけど反対に悪化させてしまわないか不安な場合は BUFFALO社へお問い合わせいただき簡単に直るかどうか確認されるのも良いでしょう。

なお、XFS フォーマットで消えたデータでも当社で取り出しが可能です。お困りの際はぜひお声がけください。

作業期間:3日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870