2012年6月10日日曜日

「黒い画面で停止する」東芝 Dynabook の復旧事例


現象:メーカーロゴ後の黒い画面で停止
OS:Windows XP
メーカー:東芝 Dynabook
原因:ハードディスク故障
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:パソコン使用中にフリーズすることが多々起きるようになった。詳しい友人に聞いたところパソコンが古く買い替えたほうが良いということで、その予定だった。その後出張などで忙しかったため、久々にパソコンを起動したところ、メーカーロゴ後の黒い画面で停止。詳しい友人にサルベージを頼んだところ、データ復旧ソフトでデータが見つからず。8年近いデータがあるがバックアップがなく、なんとか救出したい。



・補足について

この「メーカーロゴのあと黒い画面で停止する」は、Windows やドライバといったプログラムの障害ではありません。ハードディスクの設定値に不整合が起きていたり、消失した場合に発生します。このトラブルの概要については、「 黒い画面 」で停止して、パソコンが起動しないときの対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

ちなみにですが、Windows やドライバといったプログラムの障害ではありませんので、Windows7 でも Vista でも、XP でも起こるトラブルです。

またハードディスクに故障がある場合や、設定値に不整合が起きていたり、消失した場合はデータ復旧ソフトでデータを救出することはできません。理由については データ復旧ソフトで失敗する原因と注意点(論理障害) 及び データ復旧ソフトで失敗する原因と注意点(物理的な故障) で確認してください。


・原因と注意点について

ハードディスクの先頭にセクタ不良があり、その不良部分にハードディスクの設定値が存在していたためメーカーロゴ後の「黒い画面で停止」が発生していました。つまりセクタ不良でハードディスクの設定値が消失し、停止していました。

ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

なお、トラブル発生前に「使っていて急に固まる(フリーズする)ことがあった」、「使っていて急に遅いと感じたことがあった」という前兆がある場合はハードディスクに故障があると考えて間違いないでしょう。「黒い画面で停止する」場合はデータ復旧ソフトでの救出は困難であり、さらには負荷をかけて悪化させてしまう恐れもありますのでここは要注意です。

ハードディスクに故障がある場合は通電時間が長ければ長いほど、悪化させてしまいます。修復を試す場合はまずディスクの検査を行い、作業については何回も試さず1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

作業期間:2日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870