2012年10月26日金曜日

「Apple マークから進まない」Mac OS X のデータ復旧事例


現象:Apple マークで停止
OS:Mac OS X
メーカー:Mac mini
原因:ハードディスク障害(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:Mac mini の電源を入れると、起動音の後から Apple マークが表示されるまでに異常に時間がかかる。また Apple マークから進まない。何回か試したが改善せず。前日まで普通に使えていたし、インストールもしていない。後日ネットで調べて Mac OS X の CD で直せることを知るが、デバイスを選択する画面にならず CD ブートができない。さらに Apple マークも表示されなくなってしまった(カーソルが点滅しているだけ)。写真だけでもなんとか救出したい。


・原因と注意点について

ハードディスクに多くのセクタ不良がありました。ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の磁力が弱くなる故障です。記録面に障害があれば、そこに保存されているデータは読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

今回のように多くのセクタ不良が発生すると、ハードディスクの基板が誤作動し、まともに動作しなくなります。そして遅くなったり、停止してしまうなど、いろいろな症状が出ます。「 Apple マークが表示されるまでに異常に時間がかかる」とありますが、これはセクタ不良が起因して基板が誤作動しているためです。

そしてさらにセクタ不良が進むと、基板が処理しきれなくなり、動作しなくなります。ここは注意してください。基板は正常ですので交換しても改善しませんし、セクタ不良とはハードディスクの記録面の磁力が弱くなる故障ですので直すことができません。つまり動作しなくなればアウトです。

通電時間が長ければ長いほどセクタ不良を増やしてしまう可能性もありますし、CD から修復を試せば負荷をかけることになるので、セクタ不良を増やしてしまう可能性もあります。このトラブルのように「異常に時間がかかる」場合はハードディスク故障と判断し、自分では直せないと考えて間違いないでしょう。データが重要な場合は、さらなる悪化を予防してください。

作業期間:2日間。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870