2013年5月31日金曜日

「Operating System not found」 7200.11 の復旧事例


現象:Operating System not found で起動しない
OS:Windows Vista
メーカー:DELL
原因:ハードディスク故障
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:前日まで問題なく使えていたパソコンが「Operating System not found」で起動せず。BIOS設定を確認したところ、ハードディスク名の表示あり。データ復旧の可能性はあるということで、システム部門に依頼する。しかし、完全に壊れていてるのでデータは取り出せないとのことだった。


・補足について

「Operating System not found」は BIOS が準備しているエラーメッセージです。そのため Windows XP でも、Windows7(Vista)でも原因が同じであれば表示されます。このトラブルの概要については、「 Operating System not found 」でパソコンが起動しないときの対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。なお、ハードディスクの設定値が消失していたり、ハードディスク故障といった理由でハードディスクを認識できないと表示されます。

また、こちらのハードディスクは独特のバグがあり、ちょっとしたきっかけでこのようなトラブルが発生します。もちろん、ちょっとしたトラブルのため起動修復が可能です(リセットでまた再び使えるようになります)。


・原因と注意点について

このハードディスク独特のバグで基盤が誤作動し「Operating System not found」が発生していました。そこで基盤をリセットしましたが、ハードディスクにセクタ不良が 2,000箇所もあり、正常に動作させることはできませんでした。つまりセクタ不良が許容量を超えてしまった(寿命)ために誤作動していました。

このように 5年以上使っている場合は、リセットでは直せない可能性もあり、使用期間によっては取り扱いに十分注意してください。もしリセットしても状況が変わらない場合ですが、1回失敗したものが 2回目で成功するということは理論的にありません。通電時間が長ければ長いほど、悪化させてしまいます。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

セクタ不良が多く、壊れているデータもありましたが、お客様にご確認いただき、データは無事OKでした。

作業期間:3日間。データ復旧のみ。


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

>>もっと高度なデータ復旧も実績あります。
RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例
PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例
RAID0 崩壊「Error Occurred」からのデータ復旧事例 SONY VAIO

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870