2014年10月22日水曜日

増設ドライブの故障で起動不全のデータ復旧事例


現象:増設HDDが故障しPCが起動しない(メインのデータが増設HDDにある)
OS:Windows7
メーカー:ショップブランド
原因:ハードディスク故障(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:前日まで普通に使えていたが、今朝電源を入れるとパソコンが起動しない。Windows7 ロゴの後でブラックアウトし、うんともすんとも言わない。近所の修理ショップに持ち込むと、増設ドライブの故障とのことだった。現在は増設ドライブを外しているのでパソコンは起動する。しかし、重要なデータが増設ドライブにある。修理ショップにデータ復旧を依頼するものの「ドライブは認識するがデータが見えず復旧不可」ということだった。


・補足と注意点について

ひとつのハードディスクを C ドライブや D ドライブと分けることができますが、そのような情報をパソコンの起動中に収集します。そして今回、増設ドライブの応答を待ち、パソコンの起動が止まっている状況でした。 USB 接続も含めて、増設ドライブの故障でパソコンの動作が急激に遅くなるというのはよくある話だったりします。こういう症状の場合はハードディスク故障を疑い、余計な負荷を与えないようにしてください。悪化してしまうとデータを壊してしまう恐れもあります。

なお、このような症状のほとんどは不良セクタがその原因です。不良セクタの詳細については、不良セクタとは? その注意点も で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。


・原因について

ハードディスク先頭にポツリポツリとセクタ不良がありました。ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

なお、他社さんでデータを取り出せなかったとのことですが、データが見えないというのは応答に時間がかかりタイムアウトしていたからです。先頭以外は綺麗な状態だったため、クローンを作成及びファイルシステム修復でほぼすべてのデータが取り出せました。

救出したデータをお客様にご確認いただき無事OKでした。

作業期間:2日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

>>増設ドライブの救出実績です。
RAID1「ファイルまたはディレクトリが壊れているため」の復旧事例
「アクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」の復旧事例
「アクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」の復旧事例

>>もっと高度なデータ復旧も実績あります。
RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例
PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例
RAID0 崩壊「Error Occurred」からのデータ復旧事例 SONY VAIO

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870

裏話はコチラ