スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(Mac OS X)が付いた投稿を表示しています

MacBook Pro が SMART Failure のデータ復旧事例

現象:SMART Failureで起動不可
OS:Lion
メーカー:Apple
原因:ハードディスク故障
フラグ:データ復旧成功



・MacBook Pro の故障状況、症状などについて(お客様談)お客様談:MacBook Pro が SMART Failure で起動不可になってしまった。数か月前からあれ?と思うような一時的なトラブルがあり、そろそろバックアップを取ったほうが良いかなと思っていた。他のMacマシンにUSB接続してもデータが取り出せず。データ復旧を行う他社さんで診断してもらったところ、20万円を超える見積りだった。



・MacBook Pro の SMART Failure の原因と補足について

タイプ     : 経年劣化型
その他ポイント: 誤作動有り
コンディション: 悪い

*用語については当社で勝手に名付けています。

ハードディスクにセクタ不良が発生していました。こちらの画像はハードディスクの SMART 情報です。なお、SMART 情報はハードディスクの記録であり、フリーソフトなどで簡単に調べられます。またセクタ不良とはハードディスクの記録面の磁力が劣化して弱くなる故障です。磁力が劣化し、弱くなってしまうと、その部分は読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面の磁力が一気に弱くなることはありません。部分的な故障が大半です。

セクタ不良はハードディスクの宿命的な故障です。書き込み時は磁力を変更するため、負荷がかかり疲労が溜まります。そしていつかは磁力が劣化して弱くなります。そこでおまけのセクタが準備されていて、セクタ不良が起きるとおまけを使います。「05:代替処理済みのセクタ数」がそのおまけで、限界までおまけを使っています。なお、「C5:代替処理保留中のセクタ数」と「C6:回復不可能セクタ数」はカウントされていないため、限界は超えていないことがわかります。

このような数値は、典型的な寿命です。稼働時間も1万時間を超えていますので経年劣化と判断して間違いないでしょう。以上は数値上の補足です。数値では見えない状況については以下に進みます。

作業を進めてみると、アカウントのフォルダが消えていました。ファイルシステムという、ファイルを管理する情報が消えていますので、誤作動が考えられます。また転送速度が低下していて動作が遅くなっている状態でした(数秒でできることが1…

MacBook で開けない、外付けハードディスクのデータ復旧事例

現象:ドライブは表示できるが開けない
OS: フォーマット形式 HFS+
メーカー:-
原因:ハードディスク障害(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況についてお客様談: MacBook に接続するとドライブのアイコンは表示されるが開くことができない。他社さんへ持ち込むと、電源を入れないでデータ復旧をするという特殊作業が必要であり 60 万円という高額な見積りになるとのことだった。仕事で重要なデータがたくさんあり途方に暮れていたところ、東京都内で数少ない固定料金ということで当社にお願いすることにした。


・補足もともと電気で動作するものなので、電気を使わないで保存してあるデータを取り出すことはできません。そのような特殊作業はありません。なお、3TB ハードディスクのため 500GB のハードディスクと比較すれば 6 倍の作業量が必要になり、コストもそれなりにかかるのは事実です。そして 500GB で 10万円の会社であれば 6 倍の 3TB は単純に 60 万円になります。料金だけの比較になるなら当社のような固定料金が有利です。そこで特殊作業という名目で技術的な差別化を図る業者は多いのでここは注意してください。ちなみに 3 日間で終わる軽作業でした。


・原因と注意点についてハードディスクにちょこまかとセクタ不良がありました。ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の磁力が弱くなる故障です。記録面に障害があれば、そこに保存されているデータは読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

しかし、2TB を超えるハードディスクはちょっとしたセクタ不良でもハードディスクの基板が誤作動し、まともに動作しなくなることもあります。通電時間が長ければ長いほどセクタ不良を増やし、データ領域も壊してしまう恐れがあります。重要なデータがある場合は、できればあれこれ試さず、お早目にご依頼ください。状況が良ければ 3日以内で完了します。

取り出したデータをお客様にご確認いただき OK でした。

作業期間:3日間。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、U…

「Apple マークから進まない」Mac OS X のデータ復旧事例

現象:Apple マークで停止
OS:Mac OS X
メーカー:Mac mini
原因:ハードディスク障害(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況についてお客様談:Mac mini の電源を入れると、起動音の後から Apple マークが表示されるまでに異常に時間がかかる。また Apple マークから進まない。何回か試したが改善せず。前日まで普通に使えていたし、インストールもしていない。後日ネットで調べて Mac OS X の CD で直せることを知るが、デバイスを選択する画面にならず CD ブートができない。さらに Apple マークも表示されなくなってしまった(カーソルが点滅しているだけ)。写真だけでもなんとか救出したい。


・原因と注意点についてハードディスクに多くのセクタ不良がありました。ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の磁力が弱くなる故障です。記録面に障害があれば、そこに保存されているデータは読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

今回のように多くのセクタ不良が発生すると、ハードディスクの基板が誤作動し、まともに動作しなくなります。そして遅くなったり、停止してしまうなど、いろいろな症状が出ます。「 Apple マークが表示されるまでに異常に時間がかかる」とありますが、これはセクタ不良が起因して基板が誤作動しているためです。

そしてさらにセクタ不良が進むと、基板が処理しきれなくなり、動作しなくなります。ここは注意してください。基板は正常ですので交換しても改善しませんし、セクタ不良とはハードディスクの記録面の磁力が弱くなる故障ですので直すことができません。つまり動作しなくなればアウトです。

通電時間が長ければ長いほどセクタ不良を増やしてしまう可能性もありますし、CD から修復を試せば負荷をかけることになるので、セクタ不良を増やしてしまう可能性もあります。このトラブルのように「異常に時間がかかる」場合はハードディスク故障と判断し、自分では直せないと考えて間違いないでしょう。データが重要な場合は、さらなる悪化を予防してください。

作業期間:2日間。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>…

Bootcamp の Windows 「hall.dll」エラーを直した実績

Bootcamp でインストールしている Windows XP の「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした。 C:\Windows\system32\hal.dll」エラーを直した実績です。
ちなみに修復可能な原因であれば、トラブル前に戻りますので、データは残っておりますし、それまでと同じようにプログラムも使えます。
お客様よりコメントを頂きました。


・コメント パソコン(ブートキャンプのhal.dllが見つかりませんといったエラーについて30分位で治って非常にたすかりました。いろいろ電話を他社にもかけましたが安心の9,450円!!

・補足Mac 製品というだけで料金が10万円以上という他社さんが多かったそうです。しかし、簡単な原因でエラーが起きている場合は直すことができます。

「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした。 C:\Windows\system32\hal.dll」エラーの原因は、hal.dll のプログラム障害です。このトラブルの概要については、「次のファイルが存在しないかまたは壊れている~SYSTEM」画面で停止する場合の修復方法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。


作業期間:60分以内。
備考:掲載の許可を得たり、コメントをいただける時間が無い場合もあり、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧