スキップしてメイン コンテンツに移動

会社案内

代表挨拶

私の原点と未来に向けて

当社は 2006 年に創業し、2008 年に株式会社になりました。創業 10 年まであと少しです。そして私は情報システムに精通してから 15年を超えもうすぐで 20年選手になります。

もともと私が就職したころ、情報システムはオフィスコンピュータ(オフコン)からクライアントサーバへのシフト、またワープロからパソコンへのシフトなど、まさに紙社会から今日の情報化社会へ向けた大きな変革期でありました。

それまで何億円とかかった情報システムがサーバとパソコンとデータベースさえあれば自社開発でき、経営に関わるあらゆる効率が向上します。私は新設された情報システム課の課長を与えられ、オフコンからの移管と、新たな情報システムの開発に全力を尽くしていました。

ところが、パソコンへの依存率、利用率が高まってくると、ウイルスや人為的なミスなどによるデータ消失、業務の遅延や停止、さまざま事故が増えました。また管理上のミスを表面化させないために、業務の流れや制度を逆手に取った方法でハッキングまがいの事故も発生しました。このように開発が進めば進むほど、それまでのオフコン&ワープロ時代にはなかった新たなリスクも同時に生まれていたのです。さらに時代背景も個人情報などの、情報化社会のリスクについて認識されはじめました。

そしてシステム開発中心から、情報資産を守るためのセキュアな施策、管理、保守中心にシフトしていくことになります。事故の発生もなくなり、また社内のインフラ整備も完了し、軌道に乗りました。

私は運に恵まれ、この大きな変革期の中でたくさんの貴重な経験を積むことができました。そして与えてもらったこの経験と技術を今度は、社会の発展のために生かそうと、私は創業することを決意しました。

理念「 IT 社会をもっと楽しく明るい世界に 」の実現へ向かって、情熱と誠意を持った経営を行い、またオレンジセキュアサービスという高度情報セキュリティを意味するとても大きな社名を掲げ、情報資産を守る専門家としての責任と使命、誇りを全うしていきます。

2013年7月19日
代表取締役 齋藤実

経営理念

「 IT 社会をもっと楽しく明るい世界に 」

パソコンやインターネットは私たちの生活を便利に、そして楽しくしてくれる、いまや趣味から仕事まで、なくてはならないツールのひとつです。

しかしその反面では、コンピュータウイルスやネット詐欺、故障、データ消失などのさまざまな脅威やリスクも表裏のように存在します。

当社はお客様の情報資産を取り巻くあらゆるリスクの対策を行い、また事故発生時には復旧し、IT 社会の健全な発展に貢献できるよう日々努力し取り組んでいきます。

社名の由来

オレンジセキュアサービスの“オレンジ”は、情報セキュリティの礎である米国国防総省のセキュリティ評価基準TCSEC(Trusted Computer System Evaluation Criteria) 、通称オレンジブックが由来しています。また“セキュア”は英語のsecure(防御する; 保護する; 安全な)を指します。

この高度情報セキュリティを意味するとても大きな看板を掲げ、私たち“オレンジセキュアサービス”は、情報資産を守る専門家としての責任と使命、誇りを全うしていきます。

基本方針

•誠実で責任のある行動に努め、顧客に信用され信頼されるサービスを提供していきます。
•常に技術力を磨き、顧客の期待に応え喜ばれるサービスを提供していきます。
•常にお客様の視点で考え、ニーズにあった新しい価値を創造していきます。
•作業改善のための数字を定量的に設定し、付加価値の高いサービスを継続して提供していきます。
•誇りと使命と達成感を感じ、プロフェッショナルイズムを発揮できる企業風土を作っていきます。


事業の強み、事業内容

オールインワンだからこそ

不正アクセスやコンピュータウイルス、データの消失、その他、数えきれない程の事故を解決してきた、現場を知る当社だからこそ、もっともベストなセキュリティ対策をご提案し、施工することができます。また保守メンテナンスでは、数々の事例を踏まえ、起こりうる事故の可能性を解消します。

そしてセキュリティ対策のご提案、設置設定から保守メンテナンスまで行う当社だからこそ、事故発生時のサポートでは解決だけではなく、不備不足の点検なども行い、今後の事故を防ぎます。

このようにオールインワンの事業を行っているからこそ、お客様の情報資産を真にお守りすることができます。

【 法人のお客様 】
•セキュリティポリシ導入。
•サーバーセキュリティ対策(機密情報流出防止、不正アクセス&改ざん対策、故障対策)。
•クライアントPCセキュリティ対策(機密情報流出防止、ウイルス予防、故障対策)。
•ウイルス駆除。ネットワークやパソコンのトラブル復旧。データ復旧。
•パソコン廃棄、返却時のハードディスクデータ完全消去(物理的、論理的)。
•サーバ設置、PC設置、ネットワーク機器設置、LAN 工事。
•その他、情報システム運営全般の保守メンテナンス。

【 個人のお客様 】
•ウイルス駆除。パソコントラブルの復旧。
•データ復旧。パソコン廃棄とデータ消去。
•パソコンの設置、設定。
•その他、個人向けパソコンサポート。


社会貢献


私たちは日本社会全体の発展が世界を、さらには IT 社会を、より活発化させると考え、社会的課題の解決に焦点を当てた取り組みを積極的に推進し、企業市民として課せられた役割と使命を果たしていきます。

指  針

東日本大震災からの復興には長い歳月が必要とも言われています。私たちも宮城県の沿岸部にボランティアで訪問し、復興までの遠い道のりと苦労を肌で感じました。また震災から前進する力強さに感銘を受けました。そして当社は、東北地方の1日でも早い復旧復興に向けて、継続的な支援活動を続けていきます。

•東日本大震災復興支援特別割引サービスの実施
•東北地方への社員旅行の実施
•復興情報の拡散(Twitter、ホームページ、ブログ)
•義援金寄付(日本赤十字社)


沿革


2006.02 個人事業でサーバ保守メンテナンス業務を中心に開始
2006.06 ウイルス駆除業務開始
2006.10 パソコン修理とデータ復旧業務開始
2007.01 データ消去業務開始
2007.04 セキュリティ対策全般の提案、設置設定業務を開始
2008.06 オレンジセキュアサービス株式会社を設立
2008.08 個人向けパソコンサポート開始とホームページ開設
2008.10 社団法人コンピュータソフトウェア協会 加盟
2009.07 熊谷事業所をオープン
2011.02 行田NW販売をオープン
2011.05 秋葉原オフィスをオープン
2011.10 芝公園オフィスをオープン
2012.04 東日本震災復興支援特別割引サービスの開始
2013.02 芝公園オフィスを秋葉原オフィスへ統合


特定商取引法に基づく表記


オレンジセキュアサービス株式会社の オフィシャルサイト もお読みください。

秋葉原オフィス 東京都千代田区神田佐久間河岸70 電話03-5823-1870

【代表者】
代表取締役 齋藤 実

【販売価格】
料金のご案内 ページに記載。

【その他必要料金】
訪問サービス:
振込手数料。
宅配サービス:
往復の配送料。代引手数料または振込手数料。

【お支払方法】
訪問サービス:
現金または銀行振込み。
宅配サービス:
代金引換または又は作業完了前に銀行振込み。

【お支払期限】
訪問サービス:
作業完了後引渡し時。
銀行振込みは、お申し込み後(入金確認後の訪問となります)。
宅配サービス:
代金引換は、作業完了後配達時。
銀行振込みは、作業完了出荷前(入金確認後の出荷となります)。

【商品引渡し時期】
2週間以内。

【返品特約】
パソコン、周辺機器、ソフトウェアの販売:
メーカーに返品ができない場合は、キャンセル不可(メーカーの返品特約のとおり)。

訪問でのサービス料:
訪問後からキャンセルは不可。ただし訪問直前であれば可能(キャンセル無料)。
宅配でのサービス料:
作業開始からキャンセルは不可。ただし作業前であれば可能(キャンセル無料)。
なお、作業依頼のあったパソコンに故障や、OS、プログラムに不具合、欠損があり、もしキャンセルになった場合は、サービスを完了できなくても、サービス料の半分を申し受けます。

このブログの人気の投稿

ブルースクリーン(BAD SYSTEM CONFIG INFO)で再起動を繰り返すの修復事例

現象:ブルースクリーン(BAD SYSTEM CONFIG INFO)が表示され再起動を繰り返す
OS:Windows10
メーカー:NEC
原因:論理障害
フラグ:起動修復



・状況について(お客様談)お客様談:前日もいつも通り使えていた。今朝パソコンの電源を入れると、「問題が発生したため PC を再起動する必要があります」と書かれたブルースクリーンを繰り返してしまう。停止コードに、BAD SYSTEM CONFIG INFO と表示されている。友人に相談したところ、システムの復元で直るかも、ということで試してみる。1つだけ試したがエラーで復活しなかった。複数あるが他のポイントは試してはいない。


・作業内容と注意点について通常、BAD SYSTEM CONFIG INFO は Windows を動かすための設定に異常があると表示されるエラーです。ところが、タイムスタンプを確認したところ異常はなく、停止コードが誤検出でした。

なお、「問題が発生したため PC を再起動する必要があります」ブルースクリーンを繰り返すの対処法 (当社ホームページのコラムで解説しています)でも書いてありますが、あくまでも停止コードは症状を表していて原因ではありません。別の原因で Windows を動かすための設定にアクセスできなかったり、誤作動しているというケースもあります。

検査の結果、今回は Windows のプログラムに問題がありましたので、システムの復元で無事復活しました。*システムの復元は、上記当社ホームページのコラムに作業手順を書いてあります。

なお、システムの復元を 1 つ試してエラーになったとのことですが、その他のポイントもすべてがエラーになるとは限りません(絶対はありません)。根気よくすべて試したら、無事復活しました。

作業期間:50分。
もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください!


>>起動修復とは?にお答えします!
起動修復とは?

>>修復できなくてもデータは取り出せます!高度な復旧実績もあります。
RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例
PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例
RAID5 崩壊 Windows2008 Server のデータ復旧事例

>>お知らせ
東日…

「スタートアップ修復が終了しない」の起動修復 Sony Vaio

現象:スタートアップ修復画面で停止する
OS:Windows Vista
メーカー:Sony Vaio
原因:論理障害
フラグ:起動修復成功



・状況についてお客様談:仕事で使用してるノートパソコンがスタートアップ修復画面から進まなくなってしまった。使用年月が長くなってきたので買い替えるところだった・・・


・コメントお客様よりコメントを頂きました。なお、起動修復できない重症な原因でもデータの取り出しは可能です。
夜中にスタートアップ修復が開始したままずっと終わらず…
すぐに使用したい資料があり、ネット検索し、こちらのブログを発見。朝8:00-営業とあったのですぐtelしたところ、当日中に見て頂けるとのこと。直接持込みし見て頂いたら、30分もかからず治りました!!!
最悪の事態も想定してたので…本当に助かりました!
すごく詳しくわかりやすく説明して頂けるので、安心してお任せできました!!


・補足この「コンピュータの修復」や「スタートアップ修復」は Windows7(Vista) に備わっている自己修復機能です。Windows やドライバといったプログラムの障害を自動的に修復します。ちなみにですが Windows XP には自己修復機能はなく、もし XP で修復を試す場合は CD-ROM を使って行います。

このトラブルの概要については、「スタートアップ修復が停止する、終わらない」の原因と対処法 及び スタートアップ修復を繰り返す、失敗するの原因と対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

関連記事: 「コンピューターの修復」が失敗する場合の対処法 Windows7(Vista) 及び 「 Windows エラー回復処理」で起動できない場合の対処法 Windows7(Vista) もあります。


・作業内容と注意点についてハードディスクに故障がないかを検査しました。万が一、ハードディスクに故障がある場合は通電時間が長ければ長いほど、悪化させてしまう恐れがあります。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり、直すつもりがむしろデータを壊してしまう恐れがあり要注意です。

ハードディスクに故障がないことを確認し、Windows Vista の DVD よりスタートアップ修復で無事起動するようになりました。

なお、お客様にご確認いただいたところ、データもOKでした。*単なる…

「スタートアップ修復が失敗する」の起動修復 Win7

お盆期間でも休まず営業中です!



現象:スタートアップ修復画面で失敗のメッセージ
OS:Windows7
メーカー:レノボ
原因:論理障害
フラグ:起動修復成功



・状況についてお客様談:前日まで正常に使えていた Windows7 が突然、起動に失敗。その後からスタートアップ修復が始まり「スタートアップ修復ではこのコンピュータを自動的に修復できません」が表示される。


・コメントお客様よりコメントを頂きました。なお、起動修復できない重症な原因でもデータの取り出しは可能です。

まったく立ち上がらない状態から、1時間かからずに直して頂きました。
迅速なお仕事で、今後の対策等も教えて頂き、大変助かりました。


・補足この「コンピュータの修復」や「スタートアップ修復」は Windows7(Vista) に備わっている自己修復機能です。Windows やドライバといったプログラムの障害を自動的に修復します。ちなみにですが Windows XP には自己修復機能はなく、もし XP で修復を試す場合は CD-ROM を使って行います。

このトラブルの概要については、「スタートアップ修復が停止する、終わらない」の原因と対処法 及び スタートアップ修復を繰り返す、失敗するの原因と対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

関連記事: 「コンピューターの修復」が失敗する場合の対処法 Windows7(Vista) 及び 「 Windows エラー回復処理」で起動できない場合の対処法 Windows7(Vista) もあります。


・作業内容と注意点についてハードディスクに故障がないかを検査しました。万が一、ハードディスクに故障がある場合は通電時間が長ければ長いほど、悪化させてしまう恐れがあります。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり、直すつもりがむしろデータを壊してしまう恐れがあり要注意です。

ハードディスクに故障がないことを確認し、Windows7 DVD からのスタートアップ修復を試すが失敗。原因としてファイルの損傷とあり、システムの復元を実行。これで無事起動するようになりました。

なお、お客様にご確認いただいたところ、データもOKでした。*単なる起動トラブルでしたので起動修復により作業完了です。

作業期間:30分。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もし…