2018年11月23日金曜日

ブルースクリーン(BAD SYSTEM CONFIG INFO)で再起動を繰り返すの修復事例


現象:ブルースクリーン(BAD SYSTEM CONFIG INFO)が表示され再起動を繰り返す
OS:Windows10
メーカー:NEC
原因:論理障害
フラグ:起動修復



・状況について(お客様談)

お客様談:前日もいつも通り使えていた。今朝パソコンの電源を入れると、「問題が発生したため PC を再起動する必要があります」と書かれたブルースクリーンを繰り返してしまう。停止コードに、BAD SYSTEM CONFIG INFO と表示されている。友人に相談したところ、システムの復元で直るかも、ということで試してみる。1つだけ試したがエラーで復活しなかった。複数あるが他のポイントは試してはいない。


・作業内容と注意点について

通常、BAD SYSTEM CONFIG INFO は Windows を動かすための設定に異常があると表示されるエラーです。ところが、タイムスタンプを確認したところ異常はなく、停止コードが誤検出でした。

なお、「問題が発生したため PC を再起動する必要があります」ブルースクリーンを繰り返すの対処法 (当社ホームページのコラムで解説しています)でも書いてありますが、あくまでも停止コードは症状を表していて原因ではありません。別の原因で Windows を動かすための設定にアクセスできなかったり、誤作動しているというケースもあります。

検査の結果、今回は Windows のプログラムに問題がありましたので、システムの復元で無事復活しました。*システムの復元は、上記当社ホームページのコラムに作業手順を書いてあります。

なお、システムの復元を 1 つ試してエラーになったとのことですが、その他のポイントもすべてがエラーになるとは限りません(絶対はありません)。根気よくすべて試したら、無事復活しました。

作業期間:50分。
もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください!


>>起動修復とは?にお答えします!
起動修復とは?

>>修復できなくてもデータは取り出せます!高度な復旧実績もあります。
RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例
PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例
RAID5 崩壊 Windows2008 Server のデータ復旧事例

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870

裏話はコチラ

2018年8月1日水曜日

スリープ解除できず強制終了したら起動しないの修復事例


現象:強制終了後に自動修復が失敗して起動しない
OS:Windows10
メーカー:DELL
原因:論理障害
フラグ:起動修復



・状況について(お客様談)

お客様談:いつも通りスリープ解除させようとすると、なかなか復帰しないので強制終了した。その後から電源を入れると、secure boot error の画面になり、自動修復がはじまり最終的に失敗してしまう。


・作業内容と注意点について

スリープから復帰しないため強制終了した、というパターンの多くは Windows アップデートが原因です。今回のトラブルもこのケースに該当しまして、コマンドプロンプトから起動トラブルを修復したところ、Windows アップデートがはじまりました。

これは Windows アップデートの処理で時間がかかりスリープから復帰するのに時間がかかっていたということが考えられます。強制終了せずに待っていればトラブルは起きなかったのかもしれません。うっかり強制終了してしまうと、Windows が起動しないくなることもありますのでここは要注意です。特にハードディスクのアクセスランプが点灯、点滅している場合は何かしらの処理をしていますので、強制終了は厳禁です。

なんとか起動するようになったものの強制終了の後遺症と言いましょうか、なんとか無理やり立ち上がった感じがします。処理が遅いです。しかし、起動できればデータがコピーできるのでこれで十分ということでした。OK でした。

作業期間:30分。
もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください!


・トラブルの補足

Windows アップデートのトラブルの概要については、Windows アップデートの更新後に起動しないトラブルの対処法 でご確認ください。当社ホームページのコラムで解説しています。


>>起動修復とは?にお答えします!
起動修復とは?

>>修復できなくてもデータは取り出せます!高度な復旧実績もあります。
RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例
PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例
RAID5 崩壊 Windows2008 Server のデータ復旧事例

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870

裏話はコチラ

2018年5月31日木曜日

スリープからの復帰に失敗で Recovery Your PC needs to be repaired の修復事例



現象:Recovery Your PC needs to be repaired で起動しない
OS:Windows10
メーカー:富士通
原因:論理障害
フラグ:起動修復



・状況について(お客様談)

お客様談:スリープから復帰させようとすると、真っ黒画面からなかなか進まない。しかたなく強制終了すると、 Recovery Your PC needs to be repaired 画面でパソコンが起動せず…。


・作業内容と注意点について

強制終了して、Recovery Your PC needs to be repaired 画面になったケースをよくお聞きしますが、だいたい修復すると Windows アップデートがはじまったりします。

そして今回のトラブルもこのケースに該当しまして、コマンドプロンプトから Recovery Your PC needs to be repaired 画面を修復したところ、Windows アップデートが予定通りはじまりました。

「スリープから復帰させようとすると、真っ黒画面からなかなか進まない」というお話でしたが、これは Windows アップデートの処理で時間がかかりスリープから復帰するのに時間がかかっていたということが考えられます。うっかり強制終了してしまうと、Windows が起動しないくなることもありますので要注意です。特にハードディスクのアクセスランプが点灯、点滅している場合は何かしらの処理をしていますので、強制終了は厳禁です。

なんとか起動するようになったものの強制終了の後遺症と言いましょうか、なんとか無理やり立ち上がった感じがします。処理が遅いです。しかし、起動できればデータがコピーできるのでこれで十分ということでした。OK でした。

作業期間:30分。
もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください!


・トラブルの補足

「Recovery Your PC needs to be repaired」画面は Windows10(8.1)で起こるエラーメッセージです。Windows を呼び出すための設定( The Boot Configuration Data file )にエラーが起きています。ちなみに、Windows を呼び出す前に停止するトラブルのため、セーフモードやスタートアップ修復といったトラブル解決ツール画面にもなりません。このトラブルの概要については、Recovery 「 Your PC needs to be repaired 」で Windows10 が起動しない時の対処法 でご確認ください。当社ホームページのコラムで解説しています。

また今回のように「なかなか起動しないので強制終了した」というケースは Windows アップデートのトラブルかもしれません。このトラブルの概要については、Windows アップデートの更新後に起動しないトラブルの対処法 でご確認ください。当社ホームページのコラムで解説しています。


>>起動修復とは?にお答えします!
起動修復とは?

>>修復できなくてもデータは取り出せます!高度な復旧実績もあります。
RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例
PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例
RAID5 崩壊 Windows2008 Server のデータ復旧事例

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870

裏話はコチラ