スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ソフトウェアをインストールしたら、BitLocker回復で起動しないトラブルの修復事例

現象:ソフトウェアをインストール後に再起動したら、BitLocker回復画面になり起動しない OS:Windows11 メーカー:Surface 原因:論理障害 フラグ: 起動修復   ・状況について(お客様談) Music Center for PCをインストールして再起動したら、自動修復を準備していますがはじまり、BitLocker回復画面になってしまった。仕事で使っているデータを残したい。BitLocker回復キーは入手済み。 ・作業内容と注意点について BitLockerはWindowsの暗号化機能です。セキュリティ上の問題を検出しますと、認証という意味でBitLocker回復画面を表示するときがあります。 ただし、今回のように正しいBitLocker回復キーを入力しても、Windowsが起動できないときは、Windowsにエラーがありまして、メンテナンスが必要です。 ソフトウェアをインストールしたらWindowsが起動できなくなったというご相談は昔から、Windows Updateがらみのエラーがほとんどです。 今回もWindows Updateで既にエラーが起きていて、ソフトウェアをインストールするなどのイベントがあればトラブルになるみたいな、イベント待ちの状態でした。*Music Center for PCの問題ではなく、年賀状ソフトでもなんのソフトでもインストールしたり、次回のWindows UpdateでWindows起動トラブルが起きる状態でした。 ちなみに、Windowsに悪影響を与えられるソフトウェアもありまして、Windowsとの連携が必要なウイルス対策ソフトやバックアップソフトなどのメンテナンス系は話が変わります。*メンテナンス系ソフトをインストールした後のトラブルになりますと、Windows Updateがらみではないかもしれません。 コマンドプロンプトを使ってWindowsを検査しましたところ、 自動修復を準備していますループでWindowsが起動しないトラブルを直した事例研究  こちらの記事と同じく、Windows Updateの記録がないのに、システムの復元にはWindows Updateの復元ポイントがありました。システムの復元で直るトラブルでして簡単に直せました。 作業期間:15分。 もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼くだ
最近の投稿

Windows11修復しようとしていますが終わらないトラブルをシステムの復元で直した修復事例

  現象:再起動したら、修復しようとしていますが終わらず起動しない。 OS:Windows11 メーカー:DELL 原因:論理障害 フラグ: 起動修復 ・状況について(お客様談) パソコン使用中に”再起動します”みたいなメッセージが突然表示され、再起動がはじまった。その後からWindowsが起動できず、パソコンの電源を入れると、自動修復を準備していますがはじまり、修復しようとしていますまで進むものの、そこから何時間待っても次に進まない。 ・作業内容と注意点について コマンドプロンプトからタイムスタンプを追跡したところ、1週間前に行ったWindows Updateを起点にトラブルが起きていました。ところが、Windows Updateの履歴は正常終了しておりまして修正の余地がありませんでした。 今回のような、Windows Updateを起点にトラブルが起きているものの、Windows Updateが正常終了しているときは、システムの復元で改善する典型例です(システムの復元で簡単に直りました)。 ちなみに、”パソコン使用中に再起動みたいなメッセージが突然表示され”というお話でしたが、これはWindows Updateの再起動が強制的にはじまったものです。 スリープや電源いれっぱでシャットダウンされない方は、Windows Updateが完了するタイミングがないため、Windowsのほうで強制的にはじめることがあります。1週間前にWindows Updateの記録がありましたが、スリープでWindows Updateが完了するタイミングがなかったため、強制的に再起動がはじまりました。 もしパソコン使用中に再起動みたいなメッセージが突然表示されたときは、更新プログラムのアンインストールを行ってください。改善しないときは、システムの復元を行ってみてください。Windows Updateのトラブルは、システムの復元よりも更新プログラムのアンインストールで改善するケースが圧倒的に多いです。それとシステムの復元で悪化してしまうことがあるのですが、更新プログラムのアンインストールを行って状況が悪化することはありません。 ”Windows Updateを起点にトラブルが起きているものの、Windows Updateが正常終了している”みたいな細かい原因を一般の方が追及されるのは困難で

システムの復元をしたら、自動修復がはじまり、Windows11が起動しないトラブルの修復事例

現象:システムの復元をしたら自動修復ループになってしまった。 OS:Windows11 メーカー:dynabook 原因:論理障害 フラグ: 起動修復 ・状況について(お客様談) パソコンの電源を入れると、液晶ディスプレイの色が全体的に青みがかっていた(青色が濃いだけでアイコンや文字は認識できるレベルでありパソコン使用上の問題はありません)。システムの復元で改善できるか試してみたところ、自動修復を準備していますがはじまってしまい、Windows11が起動しなくなってしまった。 ・作業内容と注意点について 確認しましたところ、BIOS画面でも青いため、液晶ディスプレイの故障が原因でした。ちなみに、BIOS画面はパソコン部品の管理画面です。BIOSに液晶ディスプレイの色の設定がないため、異常な表示は故障です。 通常、システムの復元をしたら、自動修復がはじまったというケースは、Windows Updateのトラブルが多いです。 たとえば、パソコンの動作が極端に遅くなったという理由で、システムの復元を試したというお話が多いですが、Windows Updateの影響でパソコンの動作が極端に遅くなっているのが原因で、Windows Update以前の復元ポイントを試したり、更新プログラムのアンインストールが解決策になります。 ひと通り確認しましたが、もともとWindowsにエラーはありませんでした。システムの復元を行ったら、Windowsにエラーが起きてしまったということですので、解決方法は、システムの復元です。*お客様が試された復元ポイントよりも、古い復元ポイントがターゲットになります。 ところが、お客様の試された復元ポイント1つしかありませんでした……。諦めずに同じ復元ポイントを試したところ、無事、Windowsが起動するようになりました。 当社では回復ドライブを使ってシステムの復元作業をしておりますが、お客様はWindows回復環境だったとのことです。システムの復元を試されるときは、ぜひ回復ドライブをお使いください。 データのバックアップが取れれば、新パソコンへ引っ越されるということでしたので、液晶ディスプレイは青くなったまま(故障したまま)で修理せずに完了です。 作業期間:30分。 もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください! >>起動修復とは?にお

Windowsブルースクリーン(青い画面)で起動しないトラブルの修復事例

現象:ブルースクリーン(青い画面)になりWindowsが起動しない。 OS:Windows11 メーカー:ASUS 原因:論理障害 フラグ:起動修復 ・状況について(お客様談) パソコンの電源を入れると、ブルースクリーン(青い画面)になりWindowsが起動しない。パソコンを購入した店舗の無料診断で見てもらうと、Windowsを初期化するしかないということと、料金は高額ですがデータが重要でしたら残すことはできるという報告を受けたとのことです。 ・作業内容と注意点について コマンドプロンプトから確認しましたところ、典型的なWindows Update失敗の症状でした。システムの復元を使って15分くらいで簡単に直りました。 ちなみに、システムの復元を行いますと、作業フォルダのタイムスタンプが変わりますのでいつ試したのかわかるのですが……、他社さんの無料診断では、システムの復元を行っておりませんでした。 作業していないということは、お客様からヒアリングした言葉だけで”Windowsを初期化するしかない”と診断した可能性がとても高いです。 最近、このような簡単なトラブルなのに、メンテナンスした跡もなく、ただ高額修理見積もりをもらって帰ってくるケースを多く見かけます。 無料診断に出される前に、ぜひ回復ドライブに収録されている、スタートアップ修復、更新プログラムのアンインストール、システムの復元をお試しください。一般の方でもクリックだけで簡単に試せます。 Windows Update失敗の確認方法は、 Windowsブルースクリーン青い画面で起動しないトラブルを直した事例研究 でご確認ください。 当社のWEBサイトで事例研究として公開しています。 作業期間:15分。 もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください! >>起動修復とは?にお答えします! ・ 起動修復とは?  >>修復できなくてもデータは取り出せます!高度な復旧実績もあります。  ・ RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例   ・ PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例   ・ RAID5 崩壊 Windows2008 Server のデータ復旧事例 オレンジセキュアサービス(株)秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸

Windows起動時のクルクルと自動修復を準備していますのクルクルが終わらないトラブルの修復事例

現象:通常のWindows起動でもメンテナンスモードでもクルクルが終わらない。 OS:Windows10 メーカー:DELL 原因:論理障害 フラグ: 起動修復 ・状況について(お客様談) パソコンの電源を入れると、Windows起動時のクルクルが終わらずサインイン画面まで進まない。強制終了を3回して、自動修復を準備していますがはじまりますが、こちらのクルクルも終わらない。 ・作業内容と注意点について 通常、Windows起動トラブルが起きていますと、パッと見た程度で何かしらの異常がすぐに見つかります。ところが、コマンドプロンプトで確認しても異常がありませんでした。 このような見た目が正常なケースは、目視では確認できないところにエラーがあります。具体的には部品故障またはファイルシステムのエラーのどちらかです。 ちなみに、部品故障の根拠ですが、Windowsが正常でも、部品が故障していますと、Windowsは起動できません。表現を変えますと、Windowsが正常なのに(エラーがないのに)起動できないなら、残る原因は部品にあります。 今回は、ファイルシステムという情報を管理する根本の仕組みにエラーが起きており、コマンドプロンプトのchkdskで無事に起動するようになりました。 回復ドライブからの起動は問題なくできましたので、回復ドライブ収録のスタートアップ修復でも直せるトラブルかもしれません。Windows起動時のクルクルと自動修復を準備していますのクルクルが終わらないときは、回復ドライブ収録のスタートアップ修復もお試しください。 作業期間:20分。 もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください! >>起動修復とは?にお答えします! ・ 起動修復とは?  >>修復できなくてもデータは取り出せます!高度な復旧実績もあります。  ・ RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例   ・ PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例   ・ RAID5 崩壊 Windows2008 Server のデータ復旧事例 オレンジセキュアサービス(株)秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70-4B TEL:03-5823-1870

自動修復を準備しています画面で停止するWindows起動トラブルの修復事例

  現象:自動修復を準備しています画面で止まってしまう。 OS:Windows10 メーカー:Lenovo 原因:論理障害 フラグ: 起動修復 ・状況について(お客様談) パソコンの電源を入れると、自動修復を準備していますメッセージが表示されて、そのまま止まってしまう。前日まで普通に使えていた。ほぼ毎日使っている。 ・作業内容と注意点について 7月のWindows Update以降、日を追うごとにWindowsの重要なプログラムが停止していました。 Windows Updateの履歴を確認しますと正常終了していてエラーはありません。Windows Updateのエラーではなく、Windows Updateを起因としたエラーが起きていますので、Windows Updateでの変更だけを削除しても解決できません。 システムの復元の復元ポイントに7月のWindows Updateがありました。システムの変更をまとめて戻して無事に起動するようになりました。 ちなみに、日を追うごとにWindowsの重要なプログラムが停止していましたが、システムの復元の復元ポイントに複数のWindows Updateが登録されていて、プログラムが停止した日付と一致していました。 しかし、Windows Updateの履歴にはこれらの情報がありませんでした。これはWindows Updateを起因として重症なエラーが起きていたということになります。今回のエラーを完全に直すには初期化が必要です。 データだけが必要なことと新しいパソコンを購入されるということで、今回はこれで完了です(Windowsが起動するようになりましたのでお客様のほうでバックアップできます)。 作業期間:40分。 もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください! >>起動修復とは?にお答えします! ・ 起動修復とは?  >>修復できなくてもデータは取り出せます!高度な復旧実績もあります。  ・ RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例   ・ PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例   ・ RAID5 崩壊 Windows2008 Server のデータ復旧事例 オレンジセキュアサービス(株)秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70

久しぶりに電源を入れたら、自動修復ループのWindowsをシステムの復元で修復した事例

 現象:久しぶりに電源を入れたら、自動修復ループでWindowsが起動しなくなってしまった。 OS:Windows8.1 メーカー:HP 原因:論理障害 フラグ: 起動修復 ・状況について(お客様談) お客様談:1か月に1回使うかどうかの頻度ではあるあるものの、保存してあるデータ量が多いのが難点で、新パソコンへの移行を考えると伸ばし伸ばしになりWindows8.1を使っていた。久しぶりに電源を入れたら、自動修復ループでWindowsが起動しない。ネットはパソコンでは使っていない(スマホのみ)。 ・作業内容と注意点について コマンドプロンプトを使って状況を確認してみたところ、Windows Updateに失敗したときに起きる現象を多数確認できました。1か月前(前回)のパソコン使用時にエラーが起きているのですが、Windows Updateの履歴で確認できたのは2023年1月が最終でした。 実は、上記と同じケースを最近になって見かけておりまして、予想では、システムの復元に”緊急”のWindows Updateが記録されているはずです。 確認しましたら、予想通り、システムの復元の復元ポイントに”緊急”のWindows Updateの履歴が1か月前(前回)のパソコン使用時のタイムスタンプで残っていました。この復元ポイントでWindowsが無事起動するようになりました。 ちなみに、ネット検索していなくても、パソコンをWi-FiやLANケーブルに接続していますと、Windowsやソフトウェアがネットに接続しています。サポートの終了したOSを使う場合は、Wi-Fiをオフにしたり、LANケーブルを外してください。 作業期間:20分。 もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください! >>起動修復とは?にお答えします! ・ 起動修復とは?  >>修復できなくてもデータは取り出せます!高度な復旧実績もあります。  ・ RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例   ・ PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例   ・ RAID5 崩壊 Windows2008 Server のデータ復旧事例 オレンジセキュアサービス(株)秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70-4B TEL:03-5823-1