ラベル A disk read error occurred の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル A disk read error occurred の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2014年7月5日土曜日

動作が遅くなってからの「A disk read error occurred」Windows7 の復旧事例



現象:「A disk read error occurred」でパソコンが起動しない
OS:Windows7
メーカー:東芝 dynabook
原因:ハードディスク故障(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:お昼過ぎからなんとなくパソコンの動作が遅くなり、ファイルを開いたり上書き保存する時間も長くなった。フリーズして再起動すると「A disk read error occurred」で起動しない。


・補足

「 A disk read error occurred 」は、Windows やドライバといったプログラムの障害ではありません。ハードディスクの設定値に不整合が起きていたり、消失した場合に発生します。そして Windows フォーマットであれば表示されるエラーであり、Windows7 や Vista 、XP でも起こるトラブルです。

このトラブルの概要については、「 A disk read error occurred 」でパソコンが起動しないときの対処法 または Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。


・原因と注意点について

ハードディスクの先頭に多くのセクタ不良がありました。その不良部分にファイルシステムが存在していたため発生していました。ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

ちなみに動作が不調になってからエラーになる場合はハードディスクが故障している可能性もあります。無駄に電源を入れてしまうと、故障を悪化させてしまい、データ領域も壊してしまう恐れがあります。修復を試す場合は1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。また重要なデータほどお早めにご相談ください。

取り出したデータをお客様にご確認いただき OK でした。
データ復旧 2日間。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

>>もっと高度なデータ復旧も実績あります。
RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例
PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例
RAID0 崩壊「Error Occurred」からのデータ復旧事例 SONY VAIO

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870

2012年12月17日月曜日

A disk read error の NEC Windows7 データ復旧事例


現象:A disk read error でパソコン起動不可
OS:Windows7
メーカー:NEC VALUESTAR
原因:ハードディスク故障(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:午後から打ち合わせがあった。席に戻るとパソコンがスクリーンセイバーで固まっていた。システム担当に相談し強制終了を行った。再び電源を入れると「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」エラーが発生し、パソコンが起動しない。それから何回も再起動したが状況は変わらず。お昼まで普通に使えていた。違和感やほんのちょっとの違いすらもなかった。突然の故障。


・補足

「 A disk read error occurred 」は、Windows やドライバといったプログラムの障害ではありません。ハードディスクの設定値に不整合が起きていたり、消失した場合に発生します。そして Windows の採用する NTFS フォーマットであれば表示されるエラーであり、Windows7 や Vista 、XP でも起こるトラブルです。

このトラブルの概要については、「 A disk read error occurred 」でパソコンが起動しないときの対処法 または Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。


・原因と注意点について

ハードディスクの先頭にセクタ不良がありました。その不良部分にファイルシステムが存在していたため「A disk read error occurred」が発生していました。ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

もともと「スクリーンセイバーで固まっていた」ということですが、最近のパソコンのスペックで固まることはなかなかありません。つまり何かしらの部品が壊れている可能性が高いです。

そこでもし修復を試す場合ですが、ハードディスク故障が原因の場合もありますので、できればディスク検査を行ってください。また修復に失敗する場合は何回も試さず1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。故障を悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

なお、購入から 3年未満のPCのハードディスク故障が目立ちます。お持ちこみいただいたPCのすべてが Windows7 だけの日ということもあります。購入から日が浅ければ壊れないということはありません。機械ものですので、どうしても故障が起きてしまうことも。ここは油断せず、日頃からバックアップしてください。当社ではバックアップシステムの構築サービスも行っておりますのでお困りの際はお声掛けください。

故障直後の状況でありデータ領域はきれいでしたので、ほぼすべてのデータが取り出せました(約800GB)。お客様にご確認いただきOKをいただきました。

作業期間:2日間。データ復旧。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

>>もっと高度なデータ復旧も実績あります。
RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例
PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例
RAID0 崩壊「Error Occurred」からのデータ復旧事例 SONY VAIO

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870

2012年9月7日金曜日

「A disk read error occurred」 SONY VAIO Win7 の復旧事例



現象:「A disk read error occurred」でパソコンが起動しない
OS:Windows7
メーカー:SONY VAIO
原因:ハードディスク故障(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:電源を入れると「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」と表示されパソコンが起動しない。データについては社内のサーバーへ自動的にバックアップする仕組みになっていたが、なぜかデスクトップのデータがバックアップされていない(古いデータしか残ってなかった)。さらにデスクトップに重要なデータを保存していた。それでもメールのバックアップが生きていたため、なんとか最悪の事態は回避できた。高額なデータ復旧サービスとなると見合わないところがあるが、当社の料金体系であればデータを作り直す手間よりも価値がある。修理も依頼できるということで助かった。


・補足

「 A disk read error occurred 」は、Windows やドライバといったプログラムの障害ではありません。ハードディスクの設定値に不整合が起きていたり、消失した場合に発生します。そして Windows の採用する NTFS フォーマットであれば表示されるエラーであり、Windows7 や Vista 、XP でも起こるトラブルです。

このトラブルの概要については、「 A disk read error occurred 」でパソコンが起動しないときの対処法 または Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

またバックアップソフトで自動化している場合は、定期的に設定を確認してください。これは意図せず、設定を変更していることもあるためです。例えばバックアップ先のメディアを認識できない時に保存先を確認してきますが、この時に操作によっては設定自体を変更してしまう可能性もあります。忙しい時や急いでいる時は、内容も確認せずクリックしてしまうこともあるかと。このように意図せず、設定を変更していることもあるため、定期的に設定を確認してください。


・原因と注意点について

ハードディスクの先頭に多くのセクタ不良がありました。その不良部分にファイルシステムが存在していたため「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」が発生していました。

ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

もし修復を試す場合ですが、ハードディスク故障が原因の場合もありますので、できればディスク検査を行ってください。また修復に失敗する場合は何回も試さず1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。故障を悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

なお、購入から 3年未満のPCのハードディスク故障が目立ちます。お持ちこみいただいたPCのすべてが Windows7 だけの日ということもあります。購入から日が浅ければ壊れないということはありませんので、油断せずデータはバックアップしてください。

作業期間:3日間。データ復旧とパソコン修理。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870

2012年7月31日火曜日

「A disk read error」 東芝 Dynabook Windows7 の復旧事例



現象:「A disk read error occurred」でパソコン起動しない
OS:Windows7
メーカー:東芝 Dynabook
原因:ハードディスク故障(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:朝いつもどおりパソコンの電源を入れるとシャットダウンの画面が表示された? しばらく放置するもマウスカーソルがクルクル回っていたので電源を長押しして強制終了する。再度電源を入れると「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」と表示されパソコンが起動しない。固まるなどのトラブルは一切なかったし、前日も普通に使えていた。購入から1年ちょいのためバックアップを取っていなかった。XP マシンから貯め込んだ 10年近いデータがある(XPは廃棄したばかり)。


・補足

「 A disk read error occurred 」は、Windows やドライバといったプログラムの障害ではありません。ハードディスクの設定値に不整合が起きていたり、消失した場合に発生します。そして Windows の採用する NTFS フォーマットであれば表示されるエラーであり、Windows7 や Vista 、XP でも起こるトラブルです。

このトラブルの概要については、「 A disk read error occurred 」でパソコンが起動しないときの対処法 または Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。


・原因と注意点について

ハードディスクの先頭に多くのセクタ不良がありました。その不良部分にファイルシステムが存在していたため「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」が発生していました。

ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

もし修復を試す場合ですが、ハードディスク故障が原因の場合もありますので、できればディスク検査を行ってください。また修復に失敗する場合は何回も試さず1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。故障を悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

なお、購入から 3年未満のPCのハードディスク故障が目立ちます。お持ちこみいただいたPCのすべてが Windows7 だけの日ということもあります。購入から日が浅ければ壊れないということはありませんので、油断せずデータはバックアップしてください。

作業期間:2日間。データ復旧。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870

2012年6月22日金曜日

「A disk read error」 Sony VAIO Windows7 の復旧事例



現象:「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」と表示される
OS:Windows7
メーカー:Sony VAIO
原因:ハードディスク故障(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:2週間くらい前からフリーズすることが3回程度あってシステム部門に確認した。「このファイルを開くと」など条件がなかったため、リカバリして様子をみるという予定であったが、リカバリしてもらう前に「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」と表示されパソコンが起動しなくなってしまった。進行中のデータとメールのバックアップを取っておらず。



・補足

「 A disk read error occurred 」は、Windows やドライバといったプログラムの障害ではありません。ハードディスクの設定値に不整合が起きていたり、消失した場合に発生します。そして Windows の採用する NTFS フォーマットであれば表示されるエラーであり、Windows7 や Vista 、XP でも起こるトラブルです。

このトラブルの概要については、「 A disk read error occurred 」でパソコンが起動しないときの対処法 または Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。


・原因と注意点について

ハードディスクの先頭に多くのセクタ不良がありました。その不良部分にファイルシステムが存在していたため「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」が発生していました。

ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

なお、Windows XP 以降フリーズするといった現象はあまり見かけなくなりました。Windows7 はさらに安定しています。今回のように短期間で何回も起きる場合は故障の前兆と疑って、こまめにバックアップをとってください。

ちなみに修復を試す場合ですが、できればディスク検査を行い、また失敗する場合は何回も試さず1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

作業期間:2日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください! 関東エリアは出張作業もやってます!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

>>お知らせ
東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内


データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70 TEL:03-5823-1870

2012年4月5日木曜日

「パソコン起動しない」の修復実績 2012年3月まとめ


起動しないパソコンの修復実績です。

起動しないパソコンを10台並べたとします。おおよそ3台、4台は、システムファイルをちょっとコピーすれば直るような簡単な原因が理由で起動に失敗しています。もちろん直せば(当社では修復と呼んでいます)パソコンが起動するようになり、元通りデータは残っておりますし、それまでと同じようにインストールしてあったプログラムも使えます。

ちなみにですが、例えばエラーメッセージには「A disk read error occurred」などありますが、いまトラブルの起きているPCのエラー表示メッセージをググってみてください。トラブルを直せた!という方も多くいます。このように簡単な原因が理由で起動に失敗しているケースもあり、元通り直せるトラブルもあります。

お客様よりコメントを頂きました。
なお、修復できない重症な原因でも当社ではデータの取り出しが可能です。


・コメント1

突然の故障で困っていた所、サイトでこの会社をみて
すぐに連絡、持込み修理で、何と15分位で復急しました。
他店では高額見積り(4万程)で4日以上の期間要でした。
本当に助かりました。
ありがとうございました。


・コメント2

すぐに対応していただけて、その場で起動できるようにしてもらえました。
大切なデータが多くあったので、とてもうれしくほっとしました。
お願いして本当よかったです。ありがとうございました。
こちらのささいな質問にもていねいに答えていただきうれしく思いました。


・コメント3

突然の電話持ち込みでありましたが、迅速なご対応(翌日には修理完了!)。大変助かりました。


・補足

当社のコラムでトラブルの修復方法を載せています。ぜひご一読ください。カテゴリ:データ救出方法 。


備考:掲載の許可を得たり、コメントをいただける時間が無い場合もあり、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

2012年3月2日金曜日

RAID0「 A disk read error occurred 」SONY VAIO の復旧事例


現象:「 A disk read error occurred 」が表示されパソコンが起動しない
OS:Windows XP
メーカー:SONY VAIO (RAID0モデル)
原因:ハードディスク故障(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:「 A disk read error occurred 」が表示されパソコンが起動しない。他のパソコンのバックアップ用途でDドライブを共有していた。しかし、知らずのうちに重要なデータの置き場になっていたので全員の仕事が止まってしまった。RAID BIOS を見ると正常を指す「Normal」と表示され「RAID0」の表示もある。RAID 崩壊はしていないはずだが、Windows CD-ROM からアクセスするとハードディスクを認識せず。


・補足

「 A disk read error occurred 」は、Windows やドライバといったプログラムの障害ではありません。ハードディスクの設定値に不整合が起きていたり、消失した場合に発生します。そして Windows の採用する NTFS フォーマットであれば表示されるエラーであり、Windows7 や Vista でも起こるトラブルです。

このトラブルの概要については、「 A disk read error occurred 」でパソコンが起動しないときの対処法 または Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

また RAID0 とは複数のハードディスクを1台として扱う仕組みです。そして並行して複数で処理を行うため、1台だけのハードディスクよりも処理速度が大幅にアップします。ちなみにですが大容量ハードディスクがまだまだ高価であった年代のパソコンですから、大容量ハードディスク1台を購入するより、安価で大容量でさらに高性能といった側面もありました。


・原因と注意点について

セカンダリのハードディスクの先頭に多くのセクタ不良がありました。そしてボリューム情報も壊れていたため「Operating System not found」エラーも複合的に起きているような不思議な故障でした。表示メッセージは「A disk read error occurred」です。

ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

注意点としましては、RAID0 のボリュームを削除してしまったり、とにかく手を加えないことです。今回のようにハードディスクを認識しないケースで、もしうかつな設定の変更をしてしまうと、致命傷を与えてしまうことがあります。RAID0 はもともと難易度が高いため、致命傷を与えてしまうと救出率はグンと下がります。

またハードディスクに故障がありましたので、通電時間が長ければ長いほど、悪化させてしまう恐れがあります。ここは注意してください。ちなみに修復を試す場合はまずディスクの検査を行い、作業については何回も試さず1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

作業期間:3日間。データ復旧のみ。
備考:他社さんで40万円という見積もりだったため当社に依頼される。このように手が加えられていない RAID 障害であれば、救出率も高くさらに安くできます。ボロボロの状態になってしまうと作業時間がかかり当社でも高額でさらに救出率が下がることが予想されます。RAID 障害でお困りの際はお早めにご依頼ください。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

2012年2月15日水曜日

dynabook 「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」の復旧事例



現象:dynabook 「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」と表示される
OS:Windows Vista
メーカー:東芝 dynabook
原因:ハードディスク故障(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:パソコン起動時に「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」と表示されるようになった。ネットで情報収集してみた結果、自分で解決できる話ではないと判断。都内で持ち込める他社さんに電話で聞くものの料金が15万円~20万円と高く、技術ベースできちんと話が聞けた当社に依頼される。


・補足

「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」というエラーメッセージはハードディスク内に記述されたメッセージです。したがってハードディスクへのアクセスが不能ということではありません。もちろん今回のようにハードディスク故障が原因の場合もありますが、BIOS の設定が変わったなど簡単な理由で表示されているケースもあります。

ちなみにですが、Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の概要については、Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

料金に関しましては、例えば「データ復旧5万円から」という表示のところであれば「ハードディスクが壊れているので20万円になります」と聞いても、俗に言うボッタクリではないと思います。1日作業なら5万円と考えれば4日間を見ているのだろうとざっくり推測できます。ただし段取りやパラメーター合わせなどの初期設定でエンジニアが必要になりますが、それ以降はエンジニアが付きっきりになることはありません。24時間マシンが動いているだけです。したがって当社では料金が固定です。


・原因と注意点について

ハードディスクの先頭に多くのセクタ不良がありました。その不良部分にファイルシステムが存在していたため「A disk read error occurred」が発生していました。つまりセクタ不良でファイルシステムが壊れ「 A disk read error occurred 」で停止していました。

ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

なお、トラブル発生直後のきれいな状態であったため100%のデータが救出できました。通電時間が長ければ長いほど、悪化させてしまう恐れがありますのでここは注意してください。ちなみに修復を試す場合はまずディスクの検査を行い、作業については何回も試さず1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

正常なハードディスクに環境移行を行い作業を進めると、データが保存されている部分はきれいに残っていました。
作業期間:2日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

2012年2月12日日曜日

ハードディスク故障で「A disk read error occurred」Windows7 の復旧事例



現象:「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」と表示されていた後ハードディスクを認識しなくなった
OS:Windows7
メーカー:東芝
原因:ハードディスク故障(基盤障害)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:パソコン起動時に「A disk read error occurred Press Ctrl + Alt + Del to restart」と表示されるようになった。スタートアップ修復などを試そうと「F8」キーを押したが効かず。パソコンに詳しい知人に相談すると Windows7 の DVD から試せるということで OEM の DVD を購入し修復を依頼する。そして修復中にハードディスクを認識しなくなってしまった。
HDD/SSD が not installed になり認識していない


・原因と注意点について

ハードディスクの先頭に多くのセクタ不良がありました。その不良部分にファイルシステムが存在していたため読み込むことができなかったことがわかります。つまりセクタ不良でファイルシステムが壊れ「 A disk read error occurred 」で停止していました。

ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

なお、最終的にはハードディスクを認識できなくなってしまいましたが、これはセクタ不良がある中で修復作業を行ったためです。つまり悪化したということです。

Windows7 は発売されてからまだ2年程度しか経っておりません。ハードディスク故障かな?と疑うのは心情的にも難しいところがあるかもしれませんが故障が原因ということもありますのでまずは注意してください。

できればディスク検査を行い、また修復を試す場合は何回も試さず1回だけ試してください(失敗する場合は何回試しても失敗します)。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり重要なデータほどお早めにご相談ください。

Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の概要については、Windows7(Vista)の「 A disk read error occurred 」の対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

正常なハードディスクに環境移行を行い作業を進めると、データが保存されている部分はきれいに残っていました。
作業期間:2日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧

2012年1月15日日曜日

DELLロゴ表示が遅く「 A disk read error occurred 」の復旧事例


現象:DELLロゴ表示が遅く「 A disk read error occurred 」で停止する
OS:Windows XP
メーカー:DELL
原因:ハードディスク障害(セクタ不良)
フラグ:データ復旧成功



・状況について

お客様談:DELL ロゴ(BIOS画面)が表示されるまでに時間がかかり、その後「 A disk read error occurred 」が表示され停止する。パソコン内部からハードディスクを取り外すと DELL ロゴはいつも通りの時間で表示される。他の PC に接続すると同様に認識されるまでに時間がかかる。もちろん操作不可。ハードディスクに故障があると切り分けができていたためハードディスクのみのお持込み。

・注意点について

電源投入時にまずメーカーのロゴが表示されます。このときにパソコンに接続されている部品や機器を認識しています。もし何かしらの変更があれば BIOS に登録されている情報が書き変わります。

そして何かしらの部品が認識しづらい故障した状態にあるため DELL ロゴ表示が遅くなっています。ハードディスクを外すと正常に戻るということですので、原因としてハードディスクまたはマザーボードのインターフェイスの故障のどちらかと特定できます。さらに、他の PC にハードディスクを接続すると現象が移るということでハードディスク故障と特定できます。

まずは電源投入時のメーカーロゴ表示が遅い場合は、何かしらの部品が壊れている可能性がありますので注意してください。たとえハードディスク以外の部品の故障だとしても、うかつな修復作業で誤作動し状況を悪化させてしまう可能性もあります。もちろん、ハードディスク故障であれば間違いなく悪化します。

繰り返しになりますが、電源投入時のメーカーロゴの表示が遅い場合は部品故障の可能性もあるため注意してください。

・原因について

「 A disk read error occurred 」の概要については、「 A disk read error occurred 」でパソコンが起動しないときの対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。

さて今回は、コラムで紹介している「ファイルシステムが壊れている」が原因です。なお、ハードディスクの先頭に多くのセクタ不良があり、その不良部分にファイルシステムが存在していたため読み込むことができませんでした。つまりセクタ不良でファイルシステムが壊れ、「 A disk read error occurred 」で停止していました。

ちなみにセクタ不良とはハードディスクの記録面の故障です。記録面に障害があれば読み出すことも書き込むこともできません。ただし記録面全面が一気に壊れることはありません。部分的な故障が大半です。

なお、セクタ不良がなければこのエラーを修復する「 chkdsk 」コマンドが実行できます。しかし、セクタ不良がある場合は悪化させてしまいますのでここは注意してください。

正常なハードディスクに環境移行を行い作業を進めると、データが保存されている部分はきれいに残っていました。
作業期間:2日間。データ復旧のみ。
コメントを付けているため、すべての事例を紹介できませんが、もしお困りの際は実績豊富な当社へご相談ください!


>>データ復旧サービスのご案内
Windows、Mac、外付HDD、USBメモリ、ビデオカメラなどのデータ復旧
Server・RAID・NAS、SQL Server、業務用システムなどのデータ復旧