スキップしてメイン コンテンツに移動

BitLocker回復キーの入力画面が出てWindowsが起動しない修復事例

現象:BitLocker回復キーの入力画面が出てWindowsが起動しない 
OS:Windows10 
メーカー:HP 
原因:ファームウェア更新による認証 
フラグ:起動修復

・状況について(お客様談)


お客様談:突然、Bitlocker回復キーの入力画面が表示された。同じパソコンを二台持っていて、テレワーク用と個人用で使い分けている。 

テレワーク用パソコンのBitLocker回復キーはMicrosoftアカウントで見つけることができたが、個人用で使っているパソコンのBitLocker回復キーが見つからない。さらに個人用で使っているパソコンだけ、BitLocker回復キーの入力画面が出てWindowsが起動しない。 

テレワーク用パソコンのMicrosoftアカウントは会社から支給されているメールアドレスを使い、個人用パソコンのMicrosoftアカウントはGmailを使っている。 

Gmailを使ったMicrosoftアカウントにデバイスとしてパソコン名が表示されているが、BitLocker回復キーだけではなく、オフィスのライセンス情報も登録されていない。 

 家族の写真が保存されているため、BitLocker回復キーをなんとか見つけたい。

・作業内容と注意点について

会社から支給されているメールアドレスを使ったMicrosoftアカウントのほうに、テレワーク用パソコンと個人用パソコンのBitLocker回復キーとオフィスのライセンス情報が登録されていました。 

ちなみに、会社から支給されているメールアドレスを使ったMicrosoftアカウントにサインインすると、デバイスに表示されているのはテレワーク用パソコンだけです。もちろん、個人用パソコンはデバイスに表示されていません(個人用パソコンは、Gmailを使ったMicrosoftアカウントのデバイスに表示されています)。 

デバイスに表示されているテレワーク用パソコンのBitLockerデータ保護をクリックし、回復キーの管理をクリックすると、BitLocker回復キーが2行表示されていて、テレワーク用パソコンと個人用パソコンのBitLocker回復キーでした。サービスとサブスクリプションの項目にオフィスのライセンス情報が2つありました。こちらもテレワーク用パソコンと個人用パソコンのものです。 

お客様はびっくりされていて、何回も何回も確認したのに、BitLocker回復キーが2行表示されていることは気が付かなかったということです。確かに、デバイスに表示されているのはテレワーク用パソコンだけなので、BitLocker回復キーが2行表示されていても先入観で気が付かないかもしれません。 

そこでこちらのリンクは、MicrosoftアカウントのBitLocker回復キーの管理ページ です。Microsoftアカウントにサインインしますと、BitLocker回復キーの管理ページが表示されますので、こちらのリンクからご確認ください。今回のような先入観を予防できます。 

ちなみに、BitLocker回復キーはWindowsに最初にサインインしたMicrosoftアカウントのクラウドに保存されます。後からWindowsのアカウントを別のメールアドレスを使ったMicrosoftアカウントに変更しても、BitLocker回復キーとオフィスのライセンス情報は移動しません。最初にサインインしたMicrosoftアカウントのクラウドに保存され続けます。この仕組みを理解することはとても大切かと思います。ぜひ BitLocker回復キーとMicrosoftアカウントの関係について でご確認ください。 

つまり、個人用パソコンでサインインしているMicrosoftアカウントは、後からGmailを使ったMicrosoftアカウントに変更したので今回のような複雑な形で登録されていたことになります。 

お客様はパソコンが苦手ということで、パソコンのトラブルで仕事に支障がないように同じパソコンを購入されたということでした(テレワーク用パソコンの費用は経費あつかい、個人用パソコンは自己負担)。個人用パソコンではオフィスを使わないものの、何かあったときのためにサブスクリプションのオフィスを購入されたということでした。

そのような理由から、両方のパソコンを会社から支給されているメールアドレスを使ったMicrosoftアカウントでセットアップしたということです。ただ、テレワーク用パソコンにトラブルが起きたときは会社で面倒を見てくれるのと、個人用パソコンをテレワークに使用禁止ということで、念のため、個人用パソコンは後からGmailを使ったMicrosoftアカウントに変更したとのことです。 

認証でBitlocker回復キーの入力を求めてきただけでして、入手したBitlocker回復キーを入力して無事Windowsが起動しました。 

ご自身でBitLocker回復キーを探される場合は以下の記事もご確認ください。なんとかBitlocker回復キーを見つけられるヒントになるよういろいろと書いてみました!

・当社サービスについて

今回のようにBitLocker回復キーが存在するのに見つけられていないというお客様が一定数いらっしゃいます。もちろん、誰でも得手不得手がありますので見つけられない方がいても不思議ではありません。 

調査費のためBitLocker回復キーが存在しない場合でも料金はかかります。BitLocker回復キーが絶対にあるわけではないことを理解した上でご依頼ください。一緒になんとか見つけましょう。*現在はお持ち込みの対面作業限定です。 

 ・注意点です。 

引っ越し前のメールアドレスがマイクロソフトアカントに登録されているような失効している場合は、マイクロソフトアカントにアクセスできません。この場合は、BitLocker回復キーを探す作業すらできません。 

 BitLockerのトラブルでBitLocker回復キーがマイクロソフトアカントに登録されていない(存在しない)こともあります。BitLocker回復キーが存在しない場合は見つけることはできません。 

 この問題はこのリンクで詳しくご説明しております。BitLocker回復キーが存在しないトラブルを検証してみました。 

なお、BitLocker回復キーがないのにデータを救出するような裏技はありません。BitLocker回復キーがない状態でできることは、データを残さない初期化のみです。 

 作業期間:15分。 もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください!
   

オレンジセキュアサービス(株)秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70-4B TEL:03-5823-1870

このブログの人気の投稿

メーカーロゴが表示された後の黒い画面で止まり、パソコンが起動しないトラブルの修復事例

現象:突然、黒い画面から起動しなくなった  OS:Windows10 メーカー:NEC  原因:論理障害  フラグ: 起動修復 ・状況について(お客様談) お客様談:突然、メーカーロゴが表示された後の黒い画面で止まり、パソコンが起動しないトラブルが発生。強制終了して再起動させると、正常に起動できたものの、ネット使用中にフリーズするなど不具合が起き、強制終了を繰り返した。最終的にパソコンが黒い画面でまた起動しなくなった。 ・作業内容と注意点について 回復ドライブからの起動時にローディングのくるくるが回りますが、そのくるくるが回り続けて次のメンテナンス画面に進みませんでした。  回復ドライブのソフトウェアは正常ですので、メンテナンス画面に進まないのは、メモリやハードディスクといった部品側の異常です。そこでパソコンを分解して、部品を検査したのですが故障が発見されず……  部品を取り付けて、再確認したところ、回復ドライブからの起動に成功しました。コマンドプロンプトから確認したところ Windows に異常はなく、トラブルが起きてるパソコンとは思えないくらいきれいな状態でした。パソコンを再起動させたところ無事に起動しました。  ちなみに、バッテリーを外してから部品を取り外して検査します。今回のトラブルは、バッテリーを外したことによる放電で改善しました。パソコンの掃除をするときも、バッテリーを外しますので放電されます!黒い画面で停止するときはぜひお試しください。 なお、このトラブルの概要は、 「 黒い画面 」で停止して、パソコンが起動しないときの 13 個の対処法 でぜひご確認ください。当社ホームページのコラムで解説しています。  作業期間:60分。  もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください!   >>起動修復とは?にお答えします! ・ 起動修復とは?  >>修復できなくてもデータは取り出せます!高度な復旧実績もあります。  ・ RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例  ・ PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例  ・ RAID5 崩壊 Windows2008 Server のデータ復旧事例 データ復旧の秋葉原オフィス 住所:千代田区神田佐久間河岸70-4B 

「スタートアップ修復が終了しない」の起動修復 Sony Vaio

現象:スタートアップ修復画面で停止する OS:Windows Vista メーカー:Sony Vaio 原因:論理障害 フラグ: 起動修復成功 ・状況について お客様談:仕事で使用してるノートパソコンがスタートアップ修復画面から進まなくなってしまった。使用年月が長くなってきたので買い替えるところだった・・・ ・コメント お客様よりコメントを頂きました。なお、起動修復できない重症な原因でもデータの取り出しは可能です。 夜中にスタートアップ修復が開始したままずっと終わらず… すぐに使用したい資料があり、ネット検索し、こちらのブログを発見。朝8:00-営業とあったのですぐtelしたところ、当日中に見て頂けるとのこと。直接持込みし見て頂いたら、30分もかからず治りました!!! 最悪の事態も想定してたので…本当に助かりました! すごく詳しくわかりやすく説明して頂けるので、安心してお任せできました!! ・補足 この「コンピュータの修復」や「スタートアップ修復」は Windows7(Vista) に備わっている自己修復機能です。Windows やドライバといったプログラムの障害を自動的に修復します。ちなみにですが Windows XP には自己修復機能はなく、もし XP で修復を試す場合は CD-ROM を使って行います。 このトラブルの概要については、 「スタートアップ修復が停止する、終わらない」の原因と対処法 及び スタートアップ修復を繰り返す、失敗するの原因と対処法 で確認してください。当社ホームページのコラムで解説しています。 関連記事: 「コンピューターの修復」が失敗する場合の対処法 Windows7(Vista) 及び 「 Windows エラー回復処理」で起動できない場合の対処法 Windows7(Vista) もあります。 ・作業内容と注意点について ハードディスクに故障がないかを検査しました。万が一、ハードディスクに故障がある場合は通電時間が長ければ長いほど、悪化させてしまう恐れがあります。悪化させてしまうとデータ領域も壊してしまう恐れがあり、直すつもりがむしろデータを壊してしまう恐れがあり要注意です。 ハードディスクに故障がないことを確認し、Windows Vista の DVD よりスタートアップ修復で無事起動するようになりました。 なお、お客様にご

ブルースクリーン(BAD SYSTEM CONFIG INFO)で再起動を繰り返すの修復事例

現象:ブルースクリーン(BAD SYSTEM CONFIG INFO)が表示され再起動を繰り返す OS:Windows10 メーカー:NEC 原因:論理障害 フラグ: 起動修復 ・状況について(お客様談) お客様談:前日もいつも通り使えていた。今朝パソコンの電源を入れると、「問題が発生したため PC を再起動する必要があります」と書かれたブルースクリーンを繰り返してしまう。停止コードに、BAD SYSTEM CONFIG INFO と表示されている。友人に相談したところ、システムの復元で直るかも、ということで試してみる。1つだけ試したがエラーで復活しなかった。複数あるが他のポイントは試してはいない。 ・作業内容と注意点について 通常、BAD SYSTEM CONFIG INFO は Windows を動かすための設定に異常があると表示されるエラーです。ところが、タイムスタンプを確認したところ異常はなく、停止コードが誤検出でした。 なお、 「問題が発生したため PC を再起動する必要があります」ブルースクリーンを繰り返すの対処法 (当社ホームページのコラムで解説しています)でも書いてありますが、あくまでも停止コードは症状を表していて原因ではありません。別の原因で Windows を動かすための設定にアクセスできなかったり、誤作動しているというケースもあります。 検査の結果、今回は Windows のプログラムに問題がありましたので、システムの復元で無事復活しました。*システムの復元は、上記当社ホームページのコラムに作業手順を書いてあります。 なお、システムの復元を 1 つ試してエラーになったとのことですが、その他のポイントもすべてがエラーになるとは限りません(絶対はありません)。根気よくすべて試したら、無事復活しました。 作業期間:50分。 もしお困りの際は実績豊富な当社へご依頼ください! >>起動修復とは?にお答えします! ・ 起動修復とは? >>修復できなくてもデータは取り出せます!高度な復旧実績もあります。 ・ RAID10(0+1) SQL Server のデータ復旧事例 ・ PowerEdge RAID コントローラ故障のデータ復旧事例 ・ RAID5 崩壊 Window